【中学受験算数】計算ミスをなくして偏差値アップ!小学生がしがちな計算ミスの原因は?

Pocket

「やり方はわかるのに計算ミスでの失点が……」

「簡単な計算でもミスしてしまう……」

こんなお悩みを持つ子ども達は多いと思います。

ここでは、計算ミスをなくすために意識すべきことや、ミスを防ぐ方法を紹介していきます。

 計算ミスはなくならない!?

いきなりタイトルと矛盾してしまいますが、計算ミスを完全になくすことは不可能です。

ただ、計算ミスを見つけて修正することで、計算ミスによる失点を防ぐことは可能です。

 先生でも計算ミスをする!

お父さんお母さんや、一般の社会人はもちろんのこと、数字を扱う職業である算数・数学の先生達も年に10回以上は計算ミスをします。

子どもなら計算ミスが多いのは仕方のないこと。

まずは、“計算ミスは誰でもするもの”だという意識を持ちましょう。

「誰でも計算ミスをする」という意識を持つ!

 計算ミスを自分で見つける!

計算ミスは誰でもすることを理解したら、

次に“自分は必ず計算ミスをしているはず”と考えることが重要です。

誰もが小さい頃やったことのある間違い探しクイズも、「この中に間違いが10個あります」と間違いがあるということが明確に書かれているからこそ、全ての間違いを見つけられますよね?

テストや模試の最中だけでなく、普段の宿題に取り組む際も、“どこかに計算ミスがあるはずだ”と考えて見直し・解き直しを徹底しましょう。

計算ミスを見つけるためには、「ミスはなさそうだな。よしOK。」と甘く考えずに、「必ずこの中に間違いがある!」と思うことが重要です。

「自分は計算ミスしているはず」と意識する!

 計算ミスを防ぐノートの書き方を!

宿題などを演習する際のノートの書き方を工夫することで、計算ミスを見つけやすくしたり、計算ミスを減らすことができます。

どんな工夫をすれば計算ミスが防げるのかを紹介します。

 計算スペースを作る!

計算ミスの原因の1つに、筆算が小さく色々な場所に書いてあることが挙げられます。

どの計算をどこで筆算したのかが分からないと、見直しの際に計算ミスを見つけにくくなってしまいます。

計算すべき順番に筆算を書くことで、どこでミスをしたかチェックしやすくなります。

計算スペースを作ってミスを発見しやすく!

 数字は大きく丁寧に!

マス目や罫線の入ったノートを使っていて、分数の計算を無理に1行に書いている子をよく目にします。

分母・分子それぞれの計算式が小さくなっていたり、1つ上の行に書いた分数と重なっていて見にくくなってしまいますよね。

「ノートがもったいない!」なんて考えずに、

「大きく書けば点数が減らない!」と思って大きく丁寧に書くようにしましょう。

ノートをケチらず式を大きく丁寧に書く!

 式は横ではなく縦に書く!

「途中式を縦書きにする」という意味ではありません。

中学生以上の子は“方程式”で式を縦に並べることを学習するため問題ありません。

小学生では、式の一部を計算した後“=”で横に違う計算をしはじめる子がかなり多くいます。

何を求めている式なのか分からなくなってしまうため、ミスにつながりやすくなります。

また、全く別の式を横並びに書いてしまうことで、数字が混ざって見えてしまうこともあります。

基本的に同じ行に2つ以上式を書かずに、縦に式を連ねていくと計算ミスは減るでしょう。

式を横につなげるのはNG!縦書きしよう!

 計算ミスの原因を分析する!

計算ミスと一言で言っても、ミスの仕方は人それぞれです。人によってミスしやすいパターンもあります。

そのため、自分がよくしてしまうミスを知っておけば、テスト中に見直しすべきポイントがわかりやすくなりますよね。

まずは計算ミスをした時に、なぜ間違えたのか?を考えて、それをノートに記録しておいてください。

いくつかミスの代表例をご紹介します。

当てはまるものがないか振り返るとともに、ミスのパターン分けの例として参考にしてください。

・九九の7の段(特に7×6)でよく間違える。

・足し算をする所を、頭の中で引き算をしていた

・引き算の繰り下がり

・筆算で繰り上がりの数字を大きく書きすぎて、足し算すべき数字だと思ってしまった。

・0と6を見間違えた。

などなど、様々なミスがあります。

ミスの原因は上記のようになるべく細かく分析しましょう。

ミスの原因分析→自分のミスのパターンを知る!

 計算ミスはすぐにはなくならない!

計算ミスによる失点を減らす方法を書きましたが、これを読めばすぐに計算ミスがなくなるというわけではありません。

上記のポイントを“意識しながら”計算練習を繰り返すことで、少しずつミスが減っていきます。

毎日10分程度で良いので、地道な計算練習をするようにしましょう。

 

 

 

学習方法や勉強計画などの無料相談も受け付けております。気軽にご連絡ください。少しでも勉強のお役に立てればと思います!

スタディメンターの無料相談でよくある質問をまとめてあります。 こちらも参考にしてください👇

オンラインで無料学習相談~よくある質問集~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です