看護師になるための学校や資格・年収や職場の男女比についての情報

Pocket

看護師になるための情報を詳しく紹介します。子供が看護師になりたがっているけど、専門学校を卒業した方が良いのか、どんな資格をとれば良いのか分からないという事はありませんか。知っておくべき基本的な情報にくわえて、看護師になった際の年収や職場の男女比について述べていきます。詳しく調べようとしている人の助けとなるような、看護師の情報を紹介していきます。

 看護師になれる学校

看護師になるには、4年生大学もしくは、3年間で卒業できる看護専門学校看護短期大学に進学、最短で看護師になれる看護師養成課程校を卒業するかのいずれかになります。

看護師養成課程校とは、看護学科が設けられている高等学校のことです。

衛生看護科で3年間、専門科で2年間の教育を受けます。高等学校の卒業資格も与えられるので、大学や短期大学、専門学校に進学することも可能です。

専門学校と短期大学の違いは、短期大学では、他学部の様々な講義を受けることができるという点でメリットがあります。社会学や心理学などの学問も学べます。短期大学であれば、大学に編入することもできます。4年生大学のメリットは、何よりも時間です。ゆっくりと学ぶことができるので、様々な勉強をしながら、看護師になる道を見出すことができます。

ちなみに4年生大学卒であれば、初任給に影響が出てくるものの、基本的には個人の資質に依存するため、学校に通っている間にどれだけ多くのものを学び、活かすことができるかがポイントになります。

 看護師になるための資格

看護師になるためには必ず看護師国家試験に合格して看護師資格を得る必要があります。この資格がないままだと看護師になる事ができません。試験の難易度はそれほど高くはありません。国家試験と聞くとハードルを高く感じてしまいますが、きちんと勉強していれば合格できるようになっているため、専門学校に通っているなら過剰に心配しなくても良いです。年に二回あるため、その他の試験と比べると比較的受けやすくなっている点と、合格しやすいという点が特徴的です。また、看護師資格を取っておくと、保健師や助産師になる際には有利になります。キャリアアップしたい場合や、他の道を目指したくなった時に効率的に学ぶことができるため、将来の道がしっかりと定まっていない人などに向いています。とりあえず看護師として働いてみてから、自分の能力や目的にあった道が見つかった場合に調整しやすいのが魅力です。

 看護師の年収

看護師の年収は、他の職業に比べると高くなっています。新卒で働く場合でも比較的に多くの給料をもらえるため、金銭面で苦労する事は少ないです。大きな特徴は、一般女性が得られる年収の金額よりも、看護師の年収の方が高くなっているという点です。しかし、年収に見合った仕事量でない場合が多いため、不満を抱いている人が多いという点が実情となります。もらえる給料以上に働かなければならない事が多くあり、日々の忙しさで体調を崩しまう人が多いのが問題です。年収が良い所は多いですが、労働環境に恵まれないところも多くなっているため、職場を選ぶ時には注意しなければなりません。

 看護師の男女比

看護師は女性の比率が多い職場だというイメージがあります。実際に男女比を比べてみるとその通りであり、女性が多くて男性の方が少ないという事が分かります。そのため、男性の場合は働きにくさを感じるかもしれません。しかし、時代の流れにともなって男性の看護師も多くなっています。それほど珍しいというわけではなくなってきたという点が実際です。それに加えて女性の多い職場では男性の目線が役立つこともあるため、デメリットばかりとは言えません。考え方の違いなどによって男女間で違いが出てくる事があるかもしれませんが、意欲があれば看護師になる事は難しくはないです。

 意欲があれば看護師になる事はそれほど難しくない

専門的な知識や技術が必要だという事もあり、看護師になる事は難しいと思われがちですが、意欲があるならハードルは高くありません。専門学校でしっかりと学習し必要な資格を得ていれば、大抵の人は看護師になれます。職場によっては忙しい環境に身を置く事になるかもしれませんが、きちんと下調べをしてから就職先を選べば、無茶な労働を強いるような場所を回避する事ができます。