フライトアテンダントの年収と男女比・なるための資格と学校

Pocket

世の中には様々な仕事・職業がありますが、すべての職業が成りたいと思ってすぐに慣れるわけではありません。中には必ず取得しなければならない資格なども存在しており、なり方をあらかじめ学び計画的に就職活動をしなければならない職業も多いです。フライトアテンダントもそのような仕事のひとつなので、フライトアテンダントの給与やなり方について紹介します。

 フライトアテンダントの仕事内容

フライトアテンダントとは、旅客機内において乗客に対して飲食の提供をはじめとした接客サービスを提供する航空会社のスタッフのことです。キャビンアテンダントとも呼ばれており、接客のほかに緊急時における乗客その他に対する対応、機内の保安を確保する業務も仕事に含まれています。乗客の前で最も活躍するスタッフであり、様々な国の乗客を相手にするからこそ、様々な条件を備えていなければ採用されないということも間々あります。国内の大手航空会社をはじめとして外資系の航空会社、格安航空会社など様々な場所で働くことが可能です。

 フライトアテンダントの年収

フライトアテンダントの平均年収は、およそ470万円ほどであり、平均年収の範囲は420万円から560万円、最高年収は約650万円といわれています。平均給料は29万円から39万円です。フライトアテンダントは男女ともになることが可能な職業であり、平均年収には男女によって大きな差はありません。勤続年数や技術によって給与が変わることがほとんどです。30代の年収はおよそ367万円ほど、働き盛りの40代では471万円ほど、50代では565万円ほどと徐々に平均年収は上がっていくというデータがあります。年齢に加えて、昇級によっても給与は変わります。主任ならば平均給与はおよそ404万円程度ですが、部長になればおよそ734万円ほどと高額です。

このほか、フライトアテンダントは、勤める航空会社によって給与が大きく変わります。格安航空会社は比較的安い傾向にあり、外資系の航空会社、国内の大手航空会社の方が高いです。

 フライトアテンダントの男女

フライトアテンダントは、その成り立ちから女性が成る職業と思っている人が多いですが、そのようなことはありません。どの航空会社においても採用条件に女性のみとしていることはないので、男性が成ることができないというわけではありません。しかし、男女比を見れば、女性が多く男性は少ないことも確かです。男性がフライトアテンダントになるための特別な条件は定められていないことがほとんどですが、外資系企業の場合は身長制限が設けられていることもあります。フライトアテンダントは力仕事も多くあるので、男性のフライトアテンダントも歓迎されています。

荷物の運搬をはじめとして車いすなどの体の不自由な人の介助などでは大いに頼りにされるでしょう。また、機内の保安のためにも男性がいることが役立っています。このほか乗客により女性のフライトアテンダントに対するセクハラ防止のために男性のフライトアテンダントが対応するということも多いです。男性でフライトアテンダントになりたい場合は、外資系の航空会社の方が採用されやすい傾向があります。海外ではフライトアテンダントが男性にとっても一般的な職業だという意識が強いことが一因です。

 フライトアテンダントになるには

フライトアテンダントになりたい場合には、なり方を知っていなければ容易になることはできません。ただし、すべての航空会社で同じ採用基準ではないので、入社したい航空会社が決まっている場合には、それに沿って就職活動をすることが必要となります。フライトアテンダントに求められる学歴は各航空会社によって異なりますが、おおよその場合大卒でなければ厳しいです。国内の大手航空会社ならば、私大であっても有名私大でなければ採用されないこともあります。フライトアテンダントになるための資格というものはありませんが、必ず語学力は必要です。そのため、TOEIC600点以上は求められ、700点以上のネイティブレベルが有利となります。

ほかの言語も取得していれば有利に働くことも多く、中国語検定を受ける人も多いです。このほか機内の保安要員としての資格であるファーストエイドの取得も重要です。これらの資格などはフライトアテンダントのための学校で学ぶことができます。

 フライトアテンダントを目指すなら

フライトアテンダントは、旅客機内を快適かつ安全なものとするために重要な働きをする職業です。国内企業では女性が多いですが、外資系の企業ならば男性も多くなっているうえに、平均給与も高い部類に入る人気の職業といえます。なるためには専門の学校に通っていくつかの資格を取得すると有利になるでしょう。フライトアテンダントは高い学力が必要なので、早めの準備をおすすめします。