現役予備校講師が薦める!【赤・青・黄・白チャートのどれが正解!?】大学受験数学 を独学で攻略できる 参考書!!

Pocket

大学受験は高校受験や中学受験と比べて専門的な内容を問われます。数学においても例外ではありません。数学の勉強を独学で行う場合、参考書を使います。そして、参考書を利用する際に、チャート式を使おうとする学生は少なくありません。ただ、白、黄、青、赤のチャート式および黒や紫のチャート式もあります。どの色が適しているのか紹介します。

 1.数学の勉強法とは何か

数学という科目は、論理的な学問です。各単元の定義を正しく理解して自分の言葉でイメージができるかどどうかが重要です。まずは、教科書や参考書に載っている公式をきちんと理解しましょう。解き方を覚えればいいのではわけではありません。

これらのことが前提として、例題の演習を行う必要があります。

例題演習の目的

1.教科書の理論を理解するために、例題を通して、具体化し、定着させる

2.頻出問題、頻出テーマを知ることで、理論から実践に繋げる

これら2点の目的のためにチャート式をどのように活用すれば良いのか。紹介します。

 2.チャート式とは

数研出版から出されている例題が多く書かれている参考書です。問題集ではないので、全ての問題を解く必要はありません。

対象としては、以下のように数研出版が示しております。

白:日常学習/定期試験/大学入学共通テスト・中堅私立大入試

黄:日常学習~中堅私立大入試/国公立大2次入試

青:日常学習~国公立大2次入試対策

赤:日常学習~難関国公立大理系対策

 3.白チャートをおすすめする人

教科書には、理論部分と基本例題が載っています。教科書に書いてある例題は、理論を理解する上でかなり役に立つますので、しっかりと解きましょう。あくまでも、公式などの説明部分を理解する手助けとしての例題なので、例題を解くことを目的としてはいけません。

白チャートは、この例題の数を多くしているものと思ってください。教科書の例題数は多くないので、理論を理解するには少ないと思う人もいると思います。

他の色のチャート式との違いは、基本事項のまとめが、かなり丁寧だということです。典型的な解法なども、他の色のチャート式では当たり前のように使われているが、白チャートでは、具体例なども含めかなり丁寧に書いてあります。

各分野の理解時に、足りないと思う人は白チャートを使ってみて下さい。かなりのおすすめです。

 4.黄チャートをおすすめする人

黄色チャートを使う人は、理論は理解したという自信はあるという状態になってから使うと良いでしょう。実際、自分だけで、本当に理論を理解したかどうか分からないものです。黄色チャートの例題を解けるかどうかが1つの判断になります。中には解き方がわからないものもあると思いますので、しっかりと解答を読みましょう。ただし、全体の7割から8割は解ける状態でなかったら、理論が理解できていないと判断しましょう。再度教科書および白チャートなどを利用して、理論を理解する勉強をしましょう。

 5.青チャートをおすすめする人

青チャートからは実践的な内容になります。理論を正しく理解できていない人はまだ青チャートを使うには無理があります。内容としては、各予備校の模試レベルの例題が多く載っています。理論をどのように組み立てればいいのかわからない人にはおすすめです。

全体の7割から8割は解ける状態でないと活用しても意味がありません。各予備校の偏差値の目安は、駿台模試では58。河合全統模試では60。進研模試では62あたりを目安にしてください。

 6.赤チャートの使い方

数学が好きな人におすすめです。例題も発展的な内容が載っていますが、特にコラムが良いです。高校数学を超えて大学で習う数学の知識を紹介していたりもします。数学を得意にしたい、いろんな知識を得たいという人は利用してみてください。

僕自身も高校生の時に買って使っていました。

それは、志望校が難関大学だったこともあり、難しいレベルの教材を使わないといけないと思っていたからです。

多分ですが、僕と同じように考えて、赤チャートを選んだほうがいいと思っている人もいると思います。

結論は、上に書いた通り、数学を得意にしたい、いろんな知識を得たいという人が使うようにしましょう。

極論、入試問題で、満点を取らないと合格できないってことはありません。

6割前後で十分です。(数学で稼ぎたいって人は別)

難関大学に合格するにしても、解きやすい問題もあれば、だれも解けない問題もあります。

つまり、赤チャートレベルの問題が解けなくても受かります。

青チャートレベルの問題を確実に解けるようにする方が戦略上は安定しますので、それを踏まえて利用しましょう。

 7.その他のチャート式

 黒チャート

数学難問集 100 

黒チャートは、難問を集めたものです。一通りやることはやったから次に何をやったらいいかわからないという強者におすすめです。2次試験レベルが揃っていますので、過去問演習を行う前にできるといいです。難問を解くことで頭を鍛えたい人におすすめです。

医学部入試数学

医学部の問題を集めたものです。こちらも黒チャートと言われています。
正直、問題集として利用するものではないと思います。
全国の大学の合否を分ける問題や解けて欲しい問題、傾向などの情報がまとめているので、受験校選びなどに利用できます。
受験は、戦略・戦術で合格できるがかなり決まってきます。そういう意味では、この教材は、十分に活用できます。

 紫チャート

入試によく出るこれだけ70題!

紫チャートは、チャートは分厚いイメージがありますが、この参考書は問題を厳選した参考書なので、かなり薄い。黄色チャートを終えた人が、やるといいです。

改訂版チャート式シリーズ入試必携168

入試問題のいろは(168)をまとめてある手帳です。覚えておかないといけない解法が見やすくなっています。解法を知らない、覚えられないという方は、毎日持ち歩くことをおすすめします。

 緑チャート

緑チャートは、共通テスト(旧 センター試験)の対策に特化した参考書です。センター試験の形式に慣れるために使うといいです。

共通テスト(旧 センター試験)は、慣れていない人には、解きにくい問題です。

問題の一つとしては、数学についての会話文の中から、問題を解決していく問題が出題されますが、これの会話は無駄に長いだけで、実は読む必要がない所が多いです。このような問題に慣れるためには、解くしかありません。問題数が多いので、使ってみるといいです。

 8.悩むならば黄チャートを選択

数学が得意かどうかも分からない、勉強もそんなにしてないからよく分からないという人は、とりあえず黄色チャートから始めてみるといいです。大学でいえば、私立の医学部やGMARCHレベルまでは十分に対応できます。河合全統模試の偏差値では、60から65までは十分に対応できます。最も恐ろしいのは、理論の理解ができていないことなので、分かったつもりで青チャートを利用するくらいであれば、理論が分かっているか判断もできる黄色チャートをスタートに勉強してみると良いでしょう。明らかに数学が苦手であると分かっている人は教科書と白チャートの併用です。

背伸びをせずに自分に合ったレベルからスタートしましょう。

 

学習方法や勉強計画などの無料相談も受け付けております。気軽にご連絡ください。少しでも勉強のお役に立てればと思います!

スタディメンターの無料相談でよくある質問をまとめてあります。

こちらも参考にしてください👇

オンラインで無料学習相談~よくある質問集~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です