【算数の家庭学習をサポート】受験算数の教え方 番外編 プロ野球開幕!野球で学ぶ算数<親御さん向け不定期連載シリーズ>

Pocket

私は指導している塾の校舎内では生徒、教務社員たちから無類の野球好きとして認知されています。特に千葉県に本拠地を置く千葉ロッテマリーンズの大ファンでもあり、年間30試合程度は観戦をしています。

さて、緊急事態宣言も明け、無観客ではありますが、6月19日から野球が再開いたします。

今回はそれを記念(?)して、野球で算数を考えてみようかと思います。

(少しだけマニアックな世界に入っていきますので、野球嫌いな方は回れ右でお願いします・・・)

野球を観戦しながら、子どもに算数を教えるきっかけになればと思います。

野球に限った話ではありませんが、日常にはたくさん算数を教えるきっかけがあります。参考にしてみてください。

 1.野球で教える算数とは?

野球では様々な数字が使われています。それを本塁打数、打率、勝利数、防御率など様々な指標で選手を評価していきます。それを大きく分けると、「数を積み上げていく成績」と「割合で表される成績」の2種類に分けられます。

割合で表される成績として、野球を知っている人なら真っ先に思いつくのは「打率」「防御率」などの言葉でしょう。打率が高いとバッターとして一流になっていき、防御率が低いとピッチャーとして一流になっていきます。では、野球を知らない人からしてみると、「打率は高いから良くて、防御率は低いから良いって、なんかおかしくない?」という感覚を持ってしまうでしょう。

成績以外で思いつくことと言えば、ピッチャーの球速などでしょう。つまり速さの感覚です。最近のピッチャーは時速150kmぐらいの速さで投げてきますが、それがどのぐらいの距離から投げてきて、何秒でバッターの前に到達するのか、気になった事はありませんか?

子どもが気になっている場合もあります。または、こちらから問いかけてみるのもいいでしょう。

また、平均や場合の数などへも色々応用する事ができ、私の授業では度々登場します。

 2.プロ野球で子どもに打率と防御率など「割合」を教える

先程の打率と防御率の話に戻してみましょう。まず、それぞれには言葉の定義があり、それが正しく入っていれば疑問はスッキリ解決します。

打率・・・打数に対するヒットを打った数の割合の事

ここで、割合を思い出してください。

割合の3つの要素を振り返ってみると、「もとにする量」「比べる量」「割合」の3つでしたね。

それぞれの簡単な見分け方を書くと

割合    ・・・◯割◯分◯厘、◯%、◯倍など 

もとにする量・・・割合の前に書いてある「〜の」「〜に対する」「〜をもとにした時の」

比べる量  ・・・もとにする量以外の数量(つまり、文章中の残り物です)

これに当てはめてみると

割合    ・・・打率

もとにする量・・・打数

比べる量  ・・・ヒット数

となり、「もとにする量×割合=比べる量」ですので、

「打数×打率=ヒット数」という式ができます。

例えば

昨年のロッテ荻野選手は508打数160安打でした。さて、この時の打率はどのぐらいでしょう?

\( 160÷508=0.3149・・・より\)

小数第4位を四捨五入すると0.315となり、

打率は3割1分5厘です。

大体、1試合に4〜5回打席が回ってきますので、1試合平均1本はヒットを打っている計算になります。

次に防御率を考えてみます。

防御率・・・ピッチャーが9回投げたとした時の失点数です。(本当は自責点です)

まず、1回あたりにどれぐらいの失点をしたか計算してみると

「1回あたりの失点数=失点数の合計÷投げた回数」です。平均の計算式と同じです。

これを9回あたりで考えたのが防御率ですので、

「失点数の合計÷投げた回数×9=防御率」となります。

例えば

昨年のオリックス山本投手は143回を投げて失点が31点でした。この時の防御率はどのぐらいでしょう?

\( 31÷143×9=1.9510・・・となり、\)

小数第3位あたりを四捨五入して、

防御率は1.95となります。

つまり、9回投げて2点取られないという凄いピッチャーですね。

このように、当たり前ですが、打率や防御率なども言葉の定義があり、その意味を正しく知っていれば式を作ることもできますし、計算もできます。

これは算数、数学でも同じで、みんな言葉を疎かにしがちですが、言葉の定義から公式を作ったり、考えを拡げさせていくことも可能です。

「算数、数学だから数字や公式が大事」と考えるのではなく、言葉に目を向けさせてみてはどうでしょうか。

 3.プロ野球で、子どもに球速など「速さ」を教える

ひと昔(と言っても20年ぐらい前)はピッチャーの投げる球の速さは大体時速140km前半ぐらいが主流でした。しかし、最近はどの球団にも時速150km以上の球を投げるピッチャーがいます。またエンゼルスの大谷翔平選手のように、時速165kmを投げる日本人まで出てきました。驚くべき進化ですよね。

では、このピッチャーが投げる球が速いか、野球のグラウンドの距離などのデータを使って考えていきます。野球規則では、内野は次のように定められていて、ピッチャーが投げるマウンドからバッターまでは18.44m離れています。

さて、このデータに基づいて算数の問題を解いてみましょう。

例 エンゼルス大谷翔平選手の投げる球の球速は時速165kmです。

では、投げた瞬間からバッターの目の前に来るのに何秒かかるでしょうか。

これは速さの問題です。

「何秒かかるか」と問われているので、時速を秒速に直すところから始めます。(速さは問題で問われている物の単位に合わせる事が大事です)

時速165km→時速165000mとし、

\( 165000÷60÷60=45.833…\)

四捨五入して秒速45.8mとしましょう。

距離が18.44mですので、かかる時間は

\( 18.44÷45=0.40977…\)

四捨五入して0.41秒です。

つまりまばたきしている間にボールが目の前に来ている感じです。普通の人ならまずバットが出せませんから、プロのバッターは本当に凄いですよね。実際に数字を出してみると、「速い」という言葉に重みが増しますよね。

野球を観戦している時や野球ニュースを子どもと一緒に見ているときに、是非利用してみてください。

 4.プロ野球や甲子園で、子どもに「場合の数」を教える

場合の数でよくあるのが「トーナメント戦」「総当たり戦」の試合数の求め方です。まずはこの違いをしっかり理解しておきましょう。

「トーナメント戦」というのは下の図のような図がよく使われますが、最後に1チームの勝者を決める戦いです。野球では甲子園がこれにあたりますね。ではその他のチームはどうなってしまうのか、というと試合で負けてしまいます。負けるというのは試合をして負けますので、「負ける数だけ試合がある」という考え方ができます。つまり、トーナメント戦では全チーム数ー1チームだけ負けますので、その分試合が行われます。

「トーナメント戦の試合数=全チーム数ー1」

甲子園で考えてみると、夏の甲子園は49チーム(47都道府県+北海道、東京がもう1チームずつ)ですので、優勝が決まるまでに全部で49−1=48試合行われます。

次に総当たり戦を考えてみましょう。

総当たり戦とは、各チームが他のチームをそれぞれ1回ずつ試合をする事です。

例えば、パ・リーグで総当たり戦をすると次の組合せになります。

樹形図を利用して総当たり戦を書きだすとこのようになります。

                

総当たり戦を、多角形の対角線、辺を利用して表すこともできます。

どちらも数えれば15試合ある事はわかりますが、これを計算でも考えてみます。

まず、各チーム共に5試合ずつ行いますので、全部で

5×6=30試合あります。

ここで、ロッテー西武と西武ーロッテは同じ対戦カードですので、ダブってしまっています。

どの試合もこのようにダブってしまっているので、

30÷2=15

15試合となります。 

一応、公式としてまとめておくと(あんまり公式は好きではないんですが・・・)

「総当たり戦の試合数=(チーム数ー1)×チーム数÷2」で求められます。

 5.プロ野球を観戦する時にも子どもに教えるチャンスあり

本当はまだまだ話たりないですが、今回はここでお開きにしたいと思います。

今回は野球を通して、数字に触れることができるという内容でお送りしました。ただ野球を子どもと一緒に観るのももちろん面白いですが、数字を考えたり理解する事で、その面白さはさらに広がっていきます。

椅子と机で行うだけが勉強ではなく、スポーツも勉強ツールになるものだと考えてもらえたら幸いです。

今年は120試合と少なく、かつ同カード6連戦が続く日程と言われています。

野球ファンにとっても楽しみ方が変わる1年である事は間違いありません。

秋口にどのチームがペナントを制しているか、楽しみに観ていきましょう!

                                                     

学習方法や勉強計画などの無料相談も受け付けております。気軽にご連絡ください。少しでも勉強のお役に立てればと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です