オンライン家庭教師による個別指導のメリット・デメリットを現役指導者が語る!

Pocket

こんにちは。スタディメンターの山﨑です。

今回は、オンライン家庭教師やオンラインで指導している塾のメリットとデメリットについて、解説します。

僕自身もオンライン授業も行っているので、その観点から伝えることができればと思っています。

1.オンライン家庭教師とは

今回、解説するオンライン家庭教師というのは、地理的な問題などで、塾や予備校に通えない人が家庭教師として、マンツーマンで指導してくれるシステムのことを言います。

普段通塾している塾が、オンライン指導をしている、あるいは、映像配信の授業を受講している場合には、これに当てはまらないものとして、理解して下さい。

一般の予備校での運営についてはこちら👇

予備校・塾ってどんな指導をしているの?これからの塾はどう変わる!?話題のオンライン家庭教師!

2.オンライン家庭教師のメリット

 どこでも都心のプロから学ぶことができる

オンラインの最大のメリットは、場所、地域によって、差が無くなるという点です。

僕は田舎で育ったので、よく分かりますが、高校受験のための塾に通うのに、バスで1時間近く掛かっていました。友達は、離島の人だったので、塾に通うために船に乗っていました。さらに、大学受験の時には、都会の予備校に通うために、長崎から福岡まで通っている友人もいました。関東圏に住んでいても、中学受験の勉強ために2時間移動時間に費やす人もいます。

つまり、プロから学ぶためには、移動時間を費やす。教室の前の席で授業を受けるためには、1時間以上前に塾に行くのが、当たり前だった。

この時間がオンライン家庭教師では0になります。

その代わりに、問題集の問題をたくさん解けるので、時間を有効に使うことができる。

これが最大のメリットです。

 個別指導であるメリット

オンライン家庭教師は、オンラインの配信授業と違い、双方向の指導が可能です。

問題の解説をした時に、理解できたか、理解できていないならば、どこが理解できていないのか確認しながら行うことができます。確実に理解できるまで、指導をすることができるという意味では、個別指導のメリットは大きいです。

実際に受講している生徒も、リアルの集団予備校よりもわかりやすく良いと言っているので、この点では、集団の塾に通塾するよりも良いとも言えます。

 動画や画像を使った指導も可能

インターネットを使った授業であれば、画面越しに見ることになるので、理科の実験動画や、実際の写真なども簡単に共有できます。板書だけの授業であれば、先生の書いた図が頼りになりがちですが、視覚的な指導も可能です。

 親も一緒に受講できる

リアルな塾や予備校、学校では先生がどのような指導をしているのか見えません。実際、塾に任せっぱなしになっているケースがほとんどではないでしょうか。

このブラックボックスを軽減するために、指導報告書などを作っている塾もありますが、これには良いことばかり書くため、実際指導しているケースと異なることが多くあります。

オンライン家庭教師では、このような塾や予備校のデメリットを無くすことができます。

実際指導してみて、授業中、子どもが理解した瞬間、表情が変化していることに気づくことができているなどの声も頂いています。他にも、宿題などもその場で共有できる。普段の会話で、授業内容の話ができるなどの声も頂いています。

3.オンライン家庭教師のデメリット

 手元が見えにくい

実際の個別指導と違い、問題を解いている様子が見えにくいです。

僕も実際指導を行いながら、この点が最も課題なのではないかと思っています。

実際に僕の場合は、宿題として事前に解いてきてもらった問題であれば、あらかじめノートを写真で送ってもらい、それを画面共有しながら、授業を行っています。ただ、授業中に数問解いてもらう場合には、画面を映してもらう、もしくは口頭で説明してもらうなどの工夫をするようにしています。書画カメラで映してもらうと見えますが、それでも限度はあり、見えにくいことには違いありません。

実際にオンライン家庭教師を選ぶ際には、この点をどのように工夫しているのか確認しておくことをおすすめします。

 個別指導であることのデメリット

オンライン家庭教師のみならず、個別指導であれば、デメリットになってしまう、競争意識。集団の中で授業を受けると、負けたくない、恥ずかしい思いをしたくないなどの感情で、勉強を頑張る人は多くいます。

塾によっては、個別指導でも、みんなで授業を受けるイベントを作ったり、オンライン内でコミュニケーションのできる集まる場所を作ったり、計画を仲間で共有できたりする場を作ったりして、このデメリットを無くす工夫をしている所もあります。

この点も、オンライン家庭教師を選ぶ際の基準にしてもいいかもしれません。

 環境によっては画面が見えにくい

オンライン指導を実際に行うときに、かなり気にした点です。

例えば、ホワイトボードを映すと、光などの問題やパソコンなどのスペックによってはかなり見えにくいです。

いろいろ試してみて、生徒からの評判が良かったのは、タブレットと画面共有をし、映すのが見えやすいとのことでした。

この点はここからますますオンライン家庭教師が増え、改良される部分ではあると思いますが、現時点ではデメリットになっていると思います。

4.オンライン家庭教師を選ぶ時のポイント

 先生の指導経験や実力

せっかくオンラインで授業を受けるならば、プロに教わる方がいいです。家の近くなどであれば、先生を選ぶのは難しいと思いますが、オンライン家庭教師は全国にいる先生から選ぶことができます。納得のいく先生に出会って指導してもらった方がいいです。相性なども同じ問題です。

 先生以外に教務がいる

先生が教務も兼ねているケースもありますが、指導科目以外の相談ができる人がいると安心です。指導科目以外の指導というのは、他科目はもちろん、進路相談や学習計画なども含めてのアドバイスを指します。チームで指導している所はそれだけ信頼できます。

5.オンライン家庭教師のおすすめ

楽しく勉強できる!オンライン家庭教師【e-Live】



東大前にオフィスもあるため、東大生講師多数が多数在籍しています。プロ講師ではないが、年代も近いことから話がしやすい点がおすすめです。

実際受験に合格してきた先輩が、「勉強のやり方」から教えてくれます。 学年1位だった講師達がやっていた勉強法を入会後すぐに担当スタッフが伝授してくれます(スタディ・トレーニング)。また、「オンライン自習室」があり、全日16:00~22:00の間、150人部屋の自習室も開放しています。

ミーミルオンライン



学びたい人は、登録している講師の経験、学歴、自己アピール、などを確認して講師を選ぶことができます。 オンライン家庭教師との相性は重要です。

ただ、相性が合わないと先生を交代できるものの、何度も交代するのは申し訳ないと感じてしまう。

だからこそ、先生のことを事前に知ることができるこの家庭教師は非常に人気です。指導内容も小学校の復習から大学受験まで、あらゆるニーズに応えてくれます。 選択した講師とのチャットでレッスン内容やレッスン日時を確認。 「質問板」機能であなたの質問に答えてくれる講師をいつでも募集することができるのでおすすめです。

無料で始める家庭教師「家庭ネット」



成績が上がらない、志望校に合格できるか不安、現在不登校…など学力に不安や将来への足掛かりに、 しっかりとした学力・実力を付けたい!そんなお子様に最適です。 指導に当たる先生は、厳選に厳選を重ねた、現役国立・私立・公立の大学生や、プロの先生が指導しますので、 自主学習や一般の家庭教師・塾では、学ぶことができない学習方法を身につけることができます。

家庭教師は、大学生が所属している所は多くありますが、プロの先生に教えてもらえ、かつ、安価である部分が非常におすすめできます。

「家庭ネット」では勉強を教えることはもちろん、勉強の仕方も指導していきます。 30年以上の経験と実績を持つ、家庭教師派遣の老舗企業がそのノウハウからお教えします! 正式入会前に、事前に「無料体験指導」を行っていただき、その上でお申込みとなりますので、安心してご検討いただけます。

6.他のオンライン教室

オンライン家庭教師以外にもたくさんのオンラインの習いごとが増えております。

メリットやデメリットは、オンラインの家庭教師と近いと思います。

他のオンライン教室についてもまとめています。

参考にして下さい。

【予備校講師が語る】小学生におすすめのオンラインの習い事と選び方!

7.これから増えるオンライン家庭教師

コロナウイルスの影響で、急激に増えたオンライン家庭教師。以前から少しずつ発展してきましたが、急増しました。

実際に、この機会に受講してみた人も多いです。指導することになった先生も多いです。

だからこそ、可能性を感じることもできました。実際に対面で行うよりも、成績が上がった生徒もいます。

指導内容は家庭教師先によって、様々であることを意識しつつ、学習環境を整えて子どものためにできることをさらに実施してみてはいかがでしょうか。

学習方法や勉強計画などの無料相談も受け付けております。気軽にご連絡ください。少しでも勉強のお役に立てればと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です