オンライン無料学習計画代行!勉強計画を一緒に考えよう!

Pocket

こんにちは。スタディメンターの山﨑です。

今回は、スタディメンターで実施している、「無料学習計画代行」について紹介したいと思います。

1.無料学習計画代行とは?

スタディメンターでは、無料学習相談の他、無料で学習計画を一緒に立て、実行できているか管理するサービスを行っています。

多くの学生を指導していて、授業中は一生懸命がんばっていて、理解もできているのに、家に帰ってから、「復習をしない」「演習をしない」など家庭学習がきちんとできていないことで、成果が思うように上がらないのをよく見かけます。

また、僕自身、東進衛星予備校で校長として生徒指導をしていました。その時は、「学習計画代行」「学習管理」を主として、指導し、志望校合格へ導くことができていました。

予備校での指導が、これらだけではないものの、この「学習管理」ができていたことにより、生徒達が努力しやすくなり、結果的に合格できていたものと思っています。

予備校ではどのような指導を行っているのかはコチラ👇を参照してください。

大学受験を独学で乗り切るための学習法は、予備校・塾での指導法を知ることから!!

2.スタディメンターの指導方法

スタディメンターの先生と一緒に学習計画を作るときは、「slack」というアプリで連絡を取り合っています。どんな問題集を使っているのか、どんな映像配信の授業のサービスを利用しているのかなどなど、共有しながら、次のテストなどに向けた学習計画を一緒に考えいきます。

具体的な指導例を以下紹介します。

 小学生サピックスに通っている生徒の例

サピックスに通っている子どもは、宿題の量の多さにまいっているケースが多くあります。

そこで、現状の成績(マンスリーや基礎力定着など)と志望校から、デイリーサポートのどの問題を復習するべきかを判断してほしいという相談を受けました。

サピックスの授業で扱ったテキストをスキャンして送ってもらい、どこでつまづいているのかを精査した上で、解き直すべき問題を指示しました。

授業では飛ばされてしまった基本的な内容から復習を行うことで理解度が上がり、サポートのC・D問題にも手を出せるようになったとのお声をいただきました。

しかし、応用的な問題ではサピックスの解説が不親切なものもあり、スタディメンターの「中学受験算数コース」で有料会員になり、添削にて式の書き方や詳しい解説を指導。

また、理解度が低い単元では、有料オプションである「オンライン個別授業」を行うことで理解度を高めていきました。

その結果、ご契約時からクラスが2段階アップしただけでなく、式の書き方が丁寧になり、計算ミス等も減ってきて、今では算数が得点源になるまでに成長しています。

 中学生塾に通っていない生徒の例

普段学校だけの勉強で、塾に通っていない生徒です。理科の点数を上げていきたい。学校のテストは普段50点前後で、内申点のために70点は欲しいとのことでした。

この生徒は、学校で習ったこと内容をノートを見て確認して、ノートを見ながら、学校のワークを解くという計画を立てました。計画をきちんと立て、一週間がんばりました。やっていく中で、解き方が合っているのかどうか自信がないということもあり、スタディメンターの有料サービスである「学習支援コース」を利用し、ノートチェックをして欲しいということになり、そこから、「学習管理」と「ノートチェック」をしていきました。

 高校生スタディサプリを利用している生徒の例

スタディサプリを利用して学習しているものの、通塾しているわけではないので、どうしても優先順位を下げがちです。受講したいという思いはあるのだから、きちんと計画を立てることで実行できると考えました。(この受講したいという気持ちがあるか無いかでは大きな差があります。)また、受講だけでは演習量が足りないということで、同じようなレベルの問題集の演習計画も考えました。

まず、苦手な数学のテストの結果の点数を50点から70点にしたいという目標を立てました。テストまで1カ月もない状況だったので、テスト範囲になりそうな部分の受講を2日に1コマ受講するという約束をしました。演習教材としては、「白チャート」と学校で使用している「4STEP」を選びました。

計画表は、やる気が上がるということで、綺麗に作ってくれました。(色鉛筆とか使っていてオシャレでした。僕にはそのセンスはありません。)ちなみに、計画表を作るのに、綺麗にすることは無駄ではないかと聞かれますが、人によって考え方はそれぞれです。僕はこれでやる気があがるならいいと思います。

そのあとは、計画通り勉強できたかどうか連絡をくれました。報告するためにも、勉強しようと思うことができ、努力を続けることができていました。結果は、92点。目標を大きく上回りました。

ポイントは、自分だけで勉強することができ、続けることができたということです。

3.無料学習計画代行までの流れ

無料学習相談にて相談

スタディメンターの無料相談を利用して、LINEにて困っていること、目指していることなどを教えてください。

 

スタディメンターの無料相談についての詳細はこちら👇

オンラインで無料学習相談~よくある質問集~

「Slack」アプリをダウンロード

スタディメンターでは、Slackを利用して学習指導しています。コチラのアプリの準備をしてください。

slackは多くの会社でも利用されているアプリです。安心してお使いください。https://slack.com/intl/ja-jp/

計画表を作成

まずは、1週間の学習計画をつくることを目標にします。計画通りに学習して、勉強できたかどうか報告してもらいます。

4.独学でできる力を身につけさせたい

スタディメンターでは、独学で勉強できるように指導することを目標にしています。勉強というのは、大学に入学してからも、社会に出てからも続きます。しかし、「先生」として教えてくる人は大人になればいません。つまり、自分で勉強できるようにならないといけません。もちろん、はじめのうちは難しいことは承知しています。

学校や塾で、習ったことを再現できているかをチェックしてもらったり、学習計画通りに勉強ができるようになったかをチェックしてもらったりしながら、少しずつでいいので、自分だけで勉強できるような力を強化していきましょう。

自分だけで勉強できるようになれば、あとは情報を得ることさえ意識しておけば、困ることはありません。自分の夢の実現のために、頑張っていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です