【医学部予備校講師がアドバイス】医学部の面接で求められることは

Pocket

激務であることが世間一般に知られていても、医師という職業に憧れを抱いて医学部を受験する学生の数は変わらず多いままです。

しかし、その夢を叶えるためにはまず、入学試験を突破しなくてはならず、これが非常に大変です。学科試験に加え、医学部の入学試験には必ず面接試験が課せられますが、それはどういったものなのでしょうか。また、受験生はどう乗り越えればよいのでしょうか。

1.医学部の面接で見られるのは人柄とコミュニケーション能力

医学部に入学する、ということは大半が医師になる、ということです。

弱っている患者さんに向き合い、優しい言葉をかけるなど心身のケアをし、治療していくのが医師ですが、その素質と素養があるかどうかを面接試験では見ています

具体的には弱者に対して共感する姿勢、目を見てきちんと話す能力、相手の言いたいことをきちんと最後まで聞いて、その上できちんと答えてほしい、と思っていることを汲み取って返す、総合的なコミュニケーション能力も見られているのです。

2.医学部での面接試験はどんなことを聞かれるのか

面接試験で何を尋ねられるか、という内容に関しては、大学ごと、受験年ごとにまちまちであると言えます。

話題の例としては、世間話のような内容から、医学界の最近のトピックに関するものまで様々ですが、試験官の先生が見ているところは淀みなく答えられているか用意された付け焼刃の答えではないか、というポイントです。

きちんと、自分の中から出てきた言葉で、試験官とコミュニケーションを取ることが医学部受験の面接試験では大切なのです。

また、医学界の最近の話題を調べているかどうかについて聞かれるケースがあります。これは、日頃から受験勉強で忙しくても医学に対して興味を持って自分から勉強しているか、という点を見られています。

医師は日々刷新されていく医学、という分野を勉強し続ける必要のある職業です。その素養と熱意が受験生にあるのか、という点について見られているのです。ここで中途半端に聞きかじった知識を披露するのではなく、どんな研究があって、何に役立って、何が問題なのかくらいをコンパクトに話すことの出来る引き出しを事前に用意できれば安心でしょう。

3.どんな医師になりたいか、という答えのない質問

医学部受験の面接で頻繁に聞かれるのはどんな医師になりたいか、というものです。

もちろん、スーパードクターになりたい人もいますし、町医者として身近なところから医療をしたい人など様々だとは思いますが、この質問で見られているのは医師になる、医療をする、という狭い視野で受験していないか、というところです。

医学部の6年間は長く、医師になりたいというモチベーションが揺らいでしまうことがありますが、その後の経験で理想とする医師のビジョンが変わったとしても、早いうちから遠くにある自分のゴールを見据えている、ということが大切です。自然にそれができているかを見られている、深い質問であると言えるでしょう。

4.医学部の面接は緊張が最大の敵

医学部の面接試験ではコミュニケーション能力を見られていますが、試験時間5分で見られるコミュニケーション能力など一部分に過ぎません。

準備を事前にしっかりしたなら、当日は緊張せず、どっしり構えて試験官の先生とおしゃべりをしてくるくらいの気持ちを持つことが合格への近道かもしれません。

学習方法や勉強計画などの無料相談も受け付けております。気軽にご連絡ください。少しでも勉強のお役に立てればと思います!

スタディメンターの無料相談でよくある質問をまとめてあります。

こちらも参考にしてください👇

オンラインで無料学習相談~よくある質問集~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です