生徒指導で感じる中高一貫校のメリット・デメリット

中高一貫校に進学した場合のメリット・デメリット

こんにちは。スタディメンターの山﨑です。今回は、中学受験を行い、中高一貫校に進学した人とそうでない人を普段指導している中で、それぞれの特徴や傾向があり、メリット・デメリットがあるように感じております。また、僕自身も中高一貫組と高校入学組が混在しているクラスに通っていたことも踏まえ、それぞれの傾向をまとめます。あくまでも、指導経験に基づくもので、統計的にいえている話ではありませんので、ご了承ください。

中高一貫校のメリット

履修スピードのはやさ

高校受験をしないで済むので、6年間でどのような教育を中学範囲のカリキュラムを早期に終え、高校内容のカリキュラムを中学の時期から始めることができるのが中高一貫教育のメリットです。数学においては、理系は文系と比べると習う範囲が広いが、理系でも高校二年生が終わる頃には、全範囲を習い終える所が多いです。

大学受験を考えた場合は、一年以上入試問題の演習を行うことができるため、入試対策として、問題に慣れるには十分の時間があるといえます。

体系的に理解できるカリキュラム

中学範囲の内容であっても高校内容の定理や知識なども含めて指導を受けることもでき、時間の効率が非常に良いです。学校によっては、中学範囲と高校範囲の区別をせずに、まとめて習うことができたりします。

例えば、数学のカリキュラムでいうと、公立中学では、代数分野である「正負の数・文字と式・一次方程式」は中学一年生の一学期で、「連立方程式」などは中学二年生の一学期に学ぶので、同じ代数分野でも二年間で学びますが、中高一貫であれば、同じ代数分野の計算ということで、中学一年生で両方とも指導する場合が多いです。関連している分野は同時期に学ぶ方が効率がいいので、このようなカリキュラムを作れるのは、中高一貫校のメリットだと思います。

本質的な教育を受けることが可能

中高一貫教育では、6年間という長期的な指導を受けることができるため、体系的なカリキュラムであることもそうであるが、自分の興味を持った内容の勉強に打ち込むこともできます。化学に興味を持った場合は、どんどん専門的な内容を勉強し、授業で習うことだけでなく、実験、考察などを繰り返し、研究することもできます。数学に興味を持った場合は、受験の内容だけでなく、大学で学ぶような内容もどんどん勉強し、打ち込むことも可能です。そういう意味では、自由な勉強が可能になるのも中高一貫校のメリットだと思います。

受験を気にせず部活ができる

公立中学に通っている生徒を指導していると、中学入学時から、高校受験を気にして、運動部を避けるか悩んでいると相談を受けます。入学時でないにしても、中学二年生の秋頃になると、勉強しなきゃいけないのに部活があるからと、悩む生徒はかなりいます。中高一貫校であれば、その点は気にしないで部活に打ち込むことができます。

習いごともたくさんできる

部活と同じ理由にはありますが、公立中学に通っている子どもは、塾などに通います。中高一貫校に通う場合は、もちろん、塾に通うこともできますが、様々な習いごともできます。英会話スクールに通うのもあり、資格を取るための時間にするも良し、プログラミングを学ぶ時間を作るもよし、大学受験のこともありますが、それだけの6年間にするのはもったいない。このような習いごとを考えることができるのは、中高一貫校のメリットだと思います。

大学付属校だと大学進学が有利

大学付属校の中高一貫校に進学した場合は、内部推薦枠が多くあります。何回かに分けて、内部進学のためのテストはあるものの、通常の受験に比べると合格しやすいです。また、多くの場合、学校の成績も考慮しているので、普段の勉強をコツコツと行わないと大学に進学できない可能性もあります。そういう理由で、勉強を習慣化させやすいです。

いずれにしても、大学受験も難化しているので、戦略として付属校を選ぶのもいいと思います。

ただし、大学付属校であれば、その大学にある学部にしか進学できないので、進路が狭くなります。

また、希望する学部に入学できる保証はありません。もちろん、大学付属校に進学したからといって、その大学に進学しないといけないわけでもありません。他の高校と同じように大学を受験して、進学する人も多くいます。

中高一貫校のデメリット

高校受験の経験がない

中高一貫校に進学した場合の最大のデメリットだと考えています。中学で学ぶ内容は、高校で学ぶ内容、つまり、大学受験の内容の基本になります。この部分がしっかりと理解できていない場合は、基礎が無い状態で、大学受験の勉強をすることになり、理解できない部分がかなり多いです。高校生の生徒指導をしている経験でいえば、成績TOPは、中高一貫校に進学する生徒ですが、成績上位や中位は高校受験経験者が多い印象です。また、成績下位は中高一貫校に進学した生徒が多い印象です。つまり、中高一貫校に進学した場合は、学力の格差が起きやすいと考えています。

理由は、いくつかあると思います。後から記述しますが、中学受験の際に、保護者の方がサポートをして、子どもが勉強法を知らないまま進学し、授業についていけなくなった可能性や、中だるみをしてしまったなどの理由ももちろん、考えられますが、個人的には中学受験と高校受験の科目や内容が原因なのではないかと思います。高校受験では、英数国理社5科目を満遍なく勉強しますが、中学受験では、算数の比重が大きく、理科社会は覚えるだけになっている生徒が多いように思えます。大学受験では、主要科目は理系では、英数理で、文系では、英国社です。つまり、理科や社会は主要科目になります。ほとんどの中学入試で、理科や社会が主要科目になる場合はないですが、高校受験では、5科目が均等あるいは、理科の配点が上がり、主要科目になる場合もあります。このように、主要科目に対する経験値が高校受験組の方が高いというのも考えられます。

大学受験までの時間差

受験を経験してから経過した時間も、考慮しないといけません。高校受験組が、大学受験の勉強を本格的に始めるまでの時間と、中学受験組が始める場合では、もちろん、高校受験組の方が時間が短い分、覚えている部分も多いと思います。この点も、中高一貫校に進学した場合のデメリットとして考えることができます。

高校受験の数学では証明が重要

中学受験と高校受験では大きく異なる科目は、英語と数学です。英語の場合はこれらの有無は分かりやすいですが、数学と算数の大きな違いを知らないご家庭は多いです。

中学数学では、「証明する」ということが大事になります。つまり、論理的に説明する力が求められます。普段、高校生に授業をしていて、中学受験組はこの力が弱いと感じます。同様に、一つ一つの定理を理解することを意識できていない生徒も中学受験組が多いと感じ、解法暗記をしている印象です。ただ、いわゆる御三家のような中高一貫校に進学した場合は、学校の授業でかなり強調して指導をされているので、できている印象も受けます。

中だるみをしてしまう

中高一貫校に進学した場合は、6年間のカリキュラムになるので、3年間のカリキュラムである公立中学に比べると慣れてしまい、途中で失速してしまうケースも多いです。高校受験という節目があるかないかの違いは大きいように思います。

環境の変化がない

6年間ほぼ同じ子ども同士が授業を受けたり、部活をしたりします。先生も同じような人がいることになり変化があまりありません。学校によっては、6年間クラスが同じ、あるいは、中学3年間が同じで、クラス替えがあり、高校3年間同じという場合もあります。変化がないということは、それだけ影響を受ける人間の数も少なくなる点はデメリットと言えます。また、中だるみに繋がる理由にもなります。

費用が高くつく場合もある

中高一貫校に進学するのは、大変です。いわゆる中学受験は、競争が激化していることもあり、塾に通わずに、受験を突破するのは、厳しいと思います。中学受験の対策は、だいたい小学五年生頃から始めるので、塾の費用が高くつきます。さらに、私立の中高一貫校に進学した場合は、公立中高一貫校の学費と比べると高くつきます。また、学校の教育や子どもの順位などにも依りますが、高校生になれば、他の子と同じように塾や予備校に通わないといけない場合がほとんどです。

勉強法が身についていない

中学受験を経験し、合格した生徒が中高一貫校に通います。しかし、合格した仕方は人それぞれです。例えば、SAPIXに通い、中高一貫校に進学した生徒を指導していた時の話になりますが、SAPIXでは、プリント等がたくさん配布されます。これを母親が管理していました。また、宿題等のチェック、計画表の作成、弱点分野を探し、類題が無いか塾の先生に母親が相談していました。つまり、その生徒は、受験勉強の時に、このようなことを自分ではやっていませんでした。しかし、中高一貫校に進学した場合は、母親はこれらのことをしなくなりました。母親の言い分としては、中学生になったんだから自分でやるのが当たり前だからということでしたが、その生徒は、母親が行っていたことを知らない、そして、その意図も知らない状況です。

このように、中学受験をせっかく経験したにもかかわらず、正しい勉強法を知らない子どもが、中学に進学してから、授業についていけないなどの状況になってしまいます。個人的には、中学受験は、保護者の方が協力することについては賛成ですが、その先についても考えて上げて欲しいと思っております。大学受験が終わるまで、プリント整理など一緒に行うか、徐々にサポートを減らしながら、子ども自信ができるようになるようにしていくかのどちらかは必要だと思っています。

正しい勉強法を早期習得

スタディメンターでは、正しい勉強方法を身につけてもらうためのサポートを行っています。実際に指導していても、問題を解いた後に、正しくやり直しができている生徒は多くありません。ワークなどの問題を解いた後に、間違えたら、やり直しをする。この時に、答えを赤で写しているだけになっていたりします。間違えた場合は、間違えた理由が何のかを分析することが重要です。計算ミスであれば、計算の途中でどこで間違えてしまったのか探すことが必要です。知識が抜けていたから間違えたのであれば、教科書やノートに戻り、抜けていた知識を確認することが大事です。また、間違えたのであれば、定期的に復習しやすいように間違えた問題をリスト化することなども大事です。このようなサポートを子どもが自分できるようになるまでサポートをします。

スタディメンターでは、解いたノートを見せてもらう「ノートチェック式」の添削をベースとして、サポートをしているので、子どもが「分かったつもり」になっている場合も指導できます。

正しい勉強法を身につけるのは、早ければ早いほどいいです。具体的な話を聞きたい場合は、相談ください。

分からない問題は必ず質問する

正しい勉強方法を身につけることもそうですが、分からない問題は質問することも大事です。実際にスタディメンターの生徒に聞くと、学校の先生に質問しにいくのは、ハードルがあるようです。スタディメンターであれば、いつでも質問できますし、オンラインなので、対面で質問するよりもしやすいということもあります。子どもが質問できていない場合などもご相談ください。

●スタディメンターの「オンライン個別指導についての金額や指導内容などの質問」や「学習方法や勉強計画などの無料相談」も受け付けております。
気軽にご連絡ください。少しでも勉強のお役に立てればと思います!

●スタディメンターの無料相談でよくある質問をまとめてあります。 こちらも参考にしてください

👇 オンラインで無料学習相談~よくある質問集~

●スタディメンターの個別指導についての詳細は、こちらになります。

👇 スタディメンターの個別指導とは?新しい個別指導の形