数学Ⅲの独学勉強法とおすすめ参考書‣問題集5選!!

Pocket

こんにちは。スタディメンターの山﨑です。

今回は、多くの理系学生を苦しめる数学Ⅲを独学で、勉強する方法について、一からまとめていきます。

塾や予備校に通わず、自宅のみを学習の場とすることを「独学」としています。

土地柄等の理由でどうしても、「塾・予備校に通えない人」や「理転により未履修の状態の人」は、独学で学習する人は多いです。

そもそも、数学Ⅲというのは、国公立大学を目指している人にとっては、非常に時間を掛けたくない科目です。

それは、多くの国公立大学は、共通テスト(旧 センター試験)で出願できるかどうかが決まるため、その勉強を優先しがちだからです。

共通テストでは、数学Ⅲの出題は無いので、共通テストの重要性を知れば知るほど、数学Ⅲの勉強に時間を掛けたくない。

その思いは、私も同じでした。

だからこそ、今回は、みなさんに数学Ⅲの勉強はきちんとやるべきだということを伝えます。

1.数学Ⅲよりも共通テストの勉強を優先する理由

数学Ⅲというのは、勉強する期間が短いです。

多くの高校では、数学Ⅲは、高校3年生に入ってから、あるいは高校2年生の後半頃から習い始めます。

私立大学の専願の人などは、数学Ⅲの勉強をたくさんできます。(私立大学理系の数学は、数学Ⅲが高頻出}

しかし、国公立大学を志望している人は、数学Ⅲの勉強ばかりをするわけには行きません。

例えば、長崎大学の工学部であれば、(私の出身地なので)

共通テスト 700点 2次試験 740点の配点です。そのうち、共通テストの数学は、数学ⅠAⅡB合わせて200点。2次試験の数学は、300点です。2次試験では、数学Ⅲが約半分出題されます。2次試験の配点が極端に低い場合は、数学Ⅲにそこまで力を入れなくても良いですが、この場合だとそういうわけにも行きません。

※ご自身の志望校の配点などは、こちらを参考にしてください。

Kei-net: https://www.keinet.ne.jp/

また、国公立大学の出題は、共通テスト(旧 センター試験)の後、自己採点をし、予備校にリサーチを出します。その判定を見て、出願する大学を決めます。つまり、共通テストの結果を元に全員出願するので、共通テストの結果が志望校のボーダーラインの予想に達していない場合、合格する可能性はかなり低くなります。(ボーダーラインを超えている大学に出願することが多いため)

そういうわけで、志望校に出願するためには、共通テスト(旧 センター試験)が重要であるので、数学Ⅲよりも共通テストの学習を優先してしまいます。

同様に、受験生になると、模試が増えます。マーク模試を受験する頻度が多いことから、結果を見て、焦り、共通テスト(旧 センター試験)の勉強を優先していまいます。

これらが良い、悪いということではなく、このような考えになってしまうのは、仕方ないということです。そして、他の受験生も同じ心理ですので、心配しなくて良いです。

2.数学Ⅲがわからない理由

共通テストの勉強と並行して学習するために、勉強期間が短いので、数学Ⅲがわからない、苦手だというのもあります。解決するには、時間をつくるしかありません。

数学Ⅲをわかっていない多くの原因は、それだけではありません。

数学Ⅲは、「数学ⅠAⅡB」の上位互換である。

ここを理解していないことが多いです。

実は、理論は、ほとんど数学ⅠAⅡBで学んでおり、数Ⅲで新しく学ぶことは少ないです。

ただし、数学ⅠAⅡBを学習している時は、単元ごとに一つ一つ学習すれば良かったですが、数学Ⅲでは、数学ⅠAⅡBの各単元を同時に利用するので、数学ⅠAⅡBのほぼ全範囲の内容がインプットできている状態であることが必要です。

つまり、数Ⅲがわからない理由は、数学ⅠAⅡBにある可能性が非常に高いです。

特に、次にまとめる数学Ⅲの特徴を見て、自分の数学ⅠAⅡBの苦手範囲が無いか確認してみてください。

3.数学Ⅲの単元別特徴

 複素数平面

数学ⅠAⅡBの単元で関連性が深くあるもの

図形と計量、図形の性質、図形と方程式、複素数と方程式、ベクトル

複素数という数は、ただでさえ分かりにくい単元ですが、それを平面で考えるわけなので、混乱する人は多いように感じます。

位置ベクトルと対応させながら、学習することで少しは分かるようになります。

 2次曲線と関数

数学ⅠAⅡBの単元で関連性が深くあるもの

2次関数、図形と方程式

図形と方程式を学習するときでも苦戦した「軌跡」。2次曲線でも「軌跡」を中心に学習します。楕円や双曲線の定義もしっかり覚えておきたい所。

 極限

数学ⅠAⅡBの単元で関連性が深くあるもの

数列、2次関数、三角関数、指数対数

無限大というイメージがしづらい単元です。ここら辺からは、躓くほとんどの理由は、数ⅡBの未完成によることが多いです。数ⅡBの学習、特に漸化式と三角関数の学習は良くやっておくといいです。

 微分・積分

数学ⅠAⅡBの単元で関連性が深くあるもの

2次関数、三角関数、指数対数、微分積分(数Ⅱ)

理論は、ほとんど数Ⅱで習っているので、難しくはないですが、計算が大変です。

もちろん、計算の習得のために、数ⅠAⅡBの定着は必須です。計算練習をしっかりと行っておきましょう。

4.数学Ⅲの勉強のはじめ方

 参考書や問題集を始める前に、映像授業で流れをインプット

近年、スタディサプリやアオイゼミ、トライイット、You Tubeなどで映像授業が受けやすくなりました。

映像授業のイメージは、ドラマ、アニメ(映像授業)を見た後に、小説、漫画(参考書)を読むと、すぐに細部まで頭に入りますよね。この感覚に近いです。限られた時間の中で、効率よく学習することが求めらているので、まず、流れを確認しましょう。

スタディサプリに関する記事はこちら👇

大学受験を安く攻略!! おすすめの偏差値をあげる勉強法はスタディサプリと参考書の併用

 教科書や参考書を読み、細かい所を確認しておく。

映像授業で大体内容がわかったら、後は公式の証明などの理論を固め、なぜ、〇〇定理が成り立つのかなど、深く考えることに専念しましょう。

 網羅型の参考書・問題集で基本例題をインプット

黄色チャートなどの網羅型の教材を利用して、頭に入れた内容を応用できるのか練習しましょう。

典型的な問題は、解法を知っておくと良いです。ただし、丸暗記にならないように注意が必要。

チャート式に関する記事はこちら👇

現役予備校講師が薦める!【赤・青・黄・白チャートのどれが正解!?】大学受験数学 を独学で攻略できる 参考書!!

 実践的な問題集で、演習

問題演習は定着のためには不可欠です。解けば解くほどできるようになるわけではありませんが、最低限の量を解くことは必要です。いろいろな問題に触れるようにしましょう。大学の過去問で、入試問題にチャレンジしてもいいです。

5.数学Ⅲのおすすめの参考書

 白チャート

映像授業で流れを学んだ上で、教科書をしっかりと読み込みましょう。教科書にも意図のある良い例題がたくさんありますが、量が少ないので、白チャートを用いて、基本事項と例題を通して、土台を作ることができます。

チャート式の中では、かなり丁寧に解答が書いてあり、初学者には申し分の無い教材です。おすすめします。

 黄チャート

教科書等で理論などが理解できた場合は、典型的な問題を知っていくことが重要です。

入試問題も、この典型的な問題を組み合わせて作成されていることが多いので、解法を知っているのと知らないでは、点数に差が出てきます。

ただし、「解法暗記」に頼り、そもそも、理論が出来ていない人は、解法を知っても、入試問題では得点できません。

この段階の学習法で、偏差値などにも影響するので、注意してください。

何回も解きなおすのではなく、正しく1~2回で定着させましょう。

「量」より「質」です。

 チョイス

黄チャートの内容が本当にできているのかこの問題集で確認できます。

演習すればするだけ、数学ができるようになるというわけではないですが、ある程度の量を演習することが必要です。

また、黄チャートでせっかく勉強したのであれば、できるようになっているか「テスト」をしてみたいですよね。

それに最適な教材は、「チョイス」です。

問題AとBに分かれており、問題Aが黄チャートの基本例題レベル。問題Bが黄チャートのExercisesレベルです。

この段階では、できていない所の確認ができる状態にしておきたい所。

 プラチカ

チョイスと同じく問題集として利用するのが「プラチカ」です。

入試問題レベルの典型問題を多く取り扱っており、実際に入試に出題された場合は、落とせない問題が集められています。

話は逸れますが、入試問題は、「落とせない問題」「合否を分ける問題」「解けなくて良い問題」が割り当てられています。

例えば、東京大学も、「落とせない問題」レベルが6問中2問くらいは出題されます。逆にあまり偏差値の高くない大学でも「解けなくても良い問題」が出題されます。

つまり、東京大学の問題よりも難しい問題が他の大学で、普通に出題されます。

東京大学を受験しようが、他の大学を受験しようが、まずは、「落とせない問題」をしっかり解けることが重要です。プラチカを使って、問題に対応できるか確認しましょう。

そして、何よりもおすすめするポイントは、解説です。

問題の解答だけではなく、別解も豊富です。「話題と研究」として、数学をさらに深く知ることができるコラムもあります。この部分の解説を読むためだけに、「プラチカ」に取り組んでもいいくらいです。

結果的に、問題よりも解答解説の冊子の方が、分厚いです。

通学時に、プラチカの解答を読むというのを習慣にしていた学生もいました。

 プラスエリート

プラスエリートは、「完成された教科書」です。学校で使っている教科書との違いは、教科書には、全ての説明が書いてあるわけではなく、先生がその間を説明して、始めて完成します。しかしその説明する内容や、濃度は先生の力量、判断に依存してしまいます。これは、塾や予備校の授業も同じです。授業で全てを説明する先生というのは、存在しないのではないでしょうか。これには、もちろん、理由はあります。クラスのレベルも異なるし、先生によって重要だと思う所も違います。

プラスエリートでは、網羅しているので、学んでいる環境によってできる差の問題を解決させてくれる最強の「教科書」です。独学をしている人には必ず手に入れたい所。

6.正しく数学Ⅲの勉強をできているかチェック

独学で勉強していて、最も怖いのは、「わかっているつもり」の状態です。

答えは合っているが、単純に解き方を覚えているで、実はわかっていない。

合う時や合わない時があるなど、正答率が不安定。

様々な状況がありますが、ノート、答案を見れば、一目瞭然です。

ただ、本人は気が付いていないので、しょうがないです。

スタディメンターでは、独学で数学を勉強している人のサポートを行っております。

参考書などの解いた問題の答案を写真で送ってもらい、こちら側でチェックおよびさらに詳しい解説を返信しております。また、同様に理解出来ているかの確認テストも実施しているので、本当に分かっているのかどうかが分かります。

体験もありますので、活用してみてください。

詳細は、こちら👇

スタディメンターの個別指導とは?新しい個別指導の形

7.数学Ⅲの勉強をコツコツやるには

数学Ⅲの学習とは限りませんが、勉強をコツコツ行うことは非常に難しいことです。

また、勉強するにしても何から手を付けたらいいか、まだ分からないなどの理由で勉強ができていないケースは多く存在します。

スタディメンターには、「担任指導コース」が存在します。

担任指導コースでは、東進の元校長の教務経験を活かし、正しい授業の受け方になっているか、普段の授業ノートの写真を送ってもらいアドバイスをしたり、勉強計画を一緒に考え、今週は、どの授業を受けるのか、どの教材を解くのかなどを一緒に決めます。

また、オンラインで面談を行っているので、常に状況を確認しながら、アドバイスができます。

詳細は、こちら👇

勉強習慣がない、勉強のやる気が起きないならば、ジムのトレーナー方式がベスト!

8.数学Ⅲを独学で学習する方法のまとめ

数学Ⅲを独学で行う人は、非常に多いです。

気を付けることは、数学ⅠAⅡBの勉強との両立です。

ただし、数学Ⅲは数学ⅠAⅡBの延長だということが、分かっただろうか。

つまり、数学Ⅲの勉強を通して、数学ⅠAⅡBの確認もできるし、数学Ⅲの勉強のために数学ⅠAⅡBの勉強をすることも重要だということ。

模試の結果に過敏になりすぎずに計画的な学習ができるかが重要です。

●スタディメンターの「オンライン個別指導についての金額や指導内容などの質問」や「学習方法や勉強計画などの無料相談」も受け付けております。
気軽にご連絡ください。少しでも勉強のお役に立てればと思います!

●スタディメンターの無料相談でよくある質問をまとめてあります。 こちらも参考にしてください

👇 オンラインで無料学習相談~よくある質問集~

●スタディメンターの個別指導についての詳細は、こちらになります。

👇 スタディメンターの個別指導とは?新しい個別指導の形