独学で大学受験物理を完成!おすすめの参考書と活用法とは!?

Pocket

こんにちは。スタディメンターの山﨑です。

浪人生のみなさんはもちろん、現役生のみなさんも大学合格を目指すのであれば、理科の対策を早めに始めることをおすすめします。今回は、受験対策にかかせないの物理のおすすめ参考書を紹介します。

物理と生物で迷っている!という方はこちらの記事 「理系大学受験の理科選択 あなたは物理派?生物派?」や「独学で大学受験生物を完成!!おすすめの参考書と活用法とは!?」を参考にしてくさい。

 1.国公立大学受験では理科の早期対策が重要

国立大学の受験生にとって、理科は重要な科目です。

例えば、医学部においては、

こちらの記事「国立医学部の受験戦略!合格する人としない人の違いとは?」で紹介したように、国立医学部受験者約40名に調査したところ、2次試験において、現役生のほとんど理科が70%前後、浪人生は80%前後ではっきりと分布が分かれていました。現役生と浪人生で大きく差がつく科目と言えます。

 

これは他の学部でも類似傾向にあります。難関大になるほどこの傾向は近くなります。

私の受験指導の経験から、この原因はシンプルに履修の早さです。現役生は理科で浪人生に差をつけられないためにも、遅くても浪人生が勉強を再開する4月までには一通りの履修を済ませておく必要があります。

国立医学部の受験では、最低でも80%くらい得点する必要があるので、センター試験(共通テスト)で仮に760(85%)を取れたとすると、2次試験の合計点で75%得点することが必要になります。英語では差はつきにくいので、数学と理科で80%は得点しておきたいです。

このとき「数学90%+理科70%」と「数学80%+理科80%」で比較すると、やはり「数学80%+理科80%」が目標ラインに達しやすいかと思います。数学で90%を取ることは難しいですが、浪人生の結果からわかるように早期に修得さえすれば理科の80%は実現しやすいと言えます。

 2.大学受験物理の参考書・問題集の王道

大学受験で物理の対策におすすめの参考書をまとめました。どんな人におすすめかまとめていますので、しっかり選び、ぜひ合格を勝ち取ってください。

 教科書+教科書ガイド

対象レベルは基本です。基本基本的な例題や演習問題が載っていることはもちろんのこと、写真や図で実験の様子なども載っています。物理という学問を抑えるにはやはりここを起点に進めてほしいと思います。ただし、教科書には演習問題の解説が無いので、そこは教科書ガイドで補うようにしていきましょう。

 物理のエッセンス 四訂版:河合出版

対象レベルは基本です。基本問題が多くあることはもちろんだが、様々な物理の公式の証明が丁寧に書かれている参考書です。ここまで丁寧に書いてある参考書は中々ありません。物理にも公式が数多く存在するが、全ての公式を丸暗記しないといけない暗記力依存の科目ではありません。特にこの参考書を活用することで全く暗記しようとしなくてもいつの間に公式が使えるようになるという点では、導入期には持って来いの1冊です。

また、良問の風と名問の森と監修者が同じなので、次のステップにスムーズに進むことができます。物理が苦手な方も、ちょっと得意なくらいな人もやっておくと良いでしょう。

 入門物理精講 三訂版:旺文社

対象レベルは基本です。物理の基本的な例題をインプットするには、最適かつ最速な参考書です。重い問題ばかりではなく、かと言って軽すぎるわけでもないバランスのとれた問題構成です。基本的な公式の使い方を覚えるのにも活用することがでいます。

また、その気になれば12週間で終えることもできるくらいの量なので、一度目を通しておくと良いと思います。

 基礎物理精講 三訂版:旺文社

対象レベルは標準です。MARCHレベルの入試によく出題される例題が多数載っています。公式は理解できていて、現象もわかるが実際の入試問題がどのように出題されるかわからない人や、入試レベルの問題が解けないという人にピッタリな参考書です。

 良問の風 物理 改訂版:河合出版

対象レベルは標準です。基礎物理精講の演習に最適な参考書です。問題数は136題掲載されています。178題やっていけば1ヶ月程度で終わるので、短期修得に向いていると言えるでしょう。物理の問題に慣れために、答えを見ながら問題集に直接書き込みする使い方もオススメです。とにかく短期習得に活用してほしい参考書です!

 

 名問の森 三訂版:河合出版

対象レベルは応用です。一般入試や国立2次試験の問題を例題として取り扱っています。問題数も多くはなく、高頻出の問題がまとめられています。解説も非常にわかりやすく、レイアウトも良いので使いやすいでしょう。まだ応用問題を解く自信がない人にも取っ付きやすく、実行しやすい参考書です。

 

 難問題の系統とその解き方 物理 新装第3版

対象レベルは難関の有名問題集です。ただ、ほとんどの大学で必要がないような難問も多く扱われています。東大や京大、慶應以外では必要がない問題集と言えるでしょう。むしろ、最近では東大でもいらないのでは・・・という声も聞こえてきます。

しかし、東大受験生の多くがこの教材を使用しているという事実があり、このような大学を目指す受験生は、一度目を通しておく必要がある問題集と言えるでしょう。


 物理 思考力問題精講:旺文社

対象レベルは難関です。「[新装第2版]難問題の系統とその解き方 物理(以後、難系物理と称します)」に代わる問題集として、流行っている問題集です。難系物理と比べると量が少なく、応用問題の量も適量です。手のつけやすい問題もあるため、使いやすいでしょう。

ただし、このレベルの問題は、東大・京大など難関校を目指す人にオススメします。もしくは、物理で得点を稼ぎたいのであれば、活用すると良いでしょう。ただ、無理のない範囲で使うようにしてください。


 物理 入試の核心 改訂版:Z会出版編集部

対象レベルは応用〜難関です。物理の入試問題・記述問題を対策できる参考書です。入試でよく出る典型問題・頻出問題を入試レベルに引き上げることができます。全問記述の物理の試験を受ける方は過去問を解く前に活用するのがオススメです。

演習をひたすら行うだけでは、物理の問題を解くための考え方は身につきません。公式に代入して、終わりではなく、状況設定を正しく理解し、適切に物理法則を適用して解答を組み立てていく演習に最適な参考書です。


 理論物理への道標 上下 三訂版:河合塾SERIES

対象レベルは難関です。物理を本当に理解したい人には最適な参考書です。大学で扱う物理学の理論・数式を通じて、現象を正しく学ぶことができます。この参考書をしっかり理解することができれば、かなりの応用力がつくことでしょう。

この参考書が解き終わったら、過去問を演習しましょう。これがちゃんとできれば、満点を狙えるくらいの学力がつくと思います。オススメの物理の参考書です。

 3.物理の参考書は自分に合ったものを選ぼう

以上が大学受験物理のおすすめ参考書ですが、大切なことは自分に合ったレベルの参考書から始めるということです。無理をせずに、計画通りに、しっかりと勉強していきましょう。また、物理の勉強では、ただ暗記するだけにならないことが大切です。

自分の学力以上に難しい参考書を選び、無理やり進めようとすると回答の暗記になりがちです。まず回答を覚えるという勉強法もありますが、難しすぎる問題を解き進めるのは続けやすさという点でもあまりオススメしません。まずは自分に合った参考書を選び、少しずつレベルを上げていきましょう。そして、悩む時間があったらとにかく始めてください。みなさんの合格を応援しています。

 

学習方法や勉強計画などの無料相談も受け付けております。気軽にご連絡ください。少しでも勉強のお役に立てればと思います!

●スタディメンターの無料相談でよくある質問をまとめてあります。 こちらも参考にしてください

👇 オンラインで無料学習相談~よくある質問集~

●スタディメンターの無料学習計画代行についてはこちら👇

オンライン無料学習計画代行!勉強計画を一緒に考えよう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です