中高一貫校中学生の数学の勉強法を予備校講師がアドバイス!

中高一貫校に通う中学生の数学を勉強する方法
目次

こんにちは、スタディメンター の山﨑です。今回は中高一貫校に通っている中学生が多く悩んでいる数学の勉強法についてアドバイスをしていきます。

中高一貫校では、公立中学生と大きくカリキュラムが異なります。教科書についても異なるケースが多いです。

ただ、参考書を探しにいくにしても公立中学生が高校受験をするため教材が多く、どんな勉強をしたら分からないという話はスタディメンター を利用する中学生からも相談を受けます。

中高一貫校に通う中学生に行って欲しい勉強について、まとめます。

中高一貫校のメリット

高校受験をしないで済むので、中学範囲の数学を早期に終え、高校内容の数学を中学の時期から始めることができます。同様に、中学範囲の数学であっても高校内容の数学の定理なども含めて指導を受けることもあり、時間の効率が非常に良いです。学校によっては、中学範囲と高校範囲の区別をせずに、まとめて習うことができたりします。

結果的に高校数学の内容を習い終える時期も早く、理系は文系と比べると習う範囲が広いが、理系でも高校二年生が終わる頃には、全範囲を習い終える所が多いです。

大学受験を考えた場合は、一年以上入試問題の演習を行うことができるため、慣れるには十分の時間があるといえます。

中高一貫校のデメリット

中学受験と高校受験では大きく異なる点は、数学と算数の違いです。

中学数学では、「証明する」ということが大事になります。つまり、論理的に説明する力が求められます。普段、高校生に授業をしていて、中学受験組はこの力が弱いと感じます。同様に、一つ一つの定理を理解することを意識できていない生徒も中学受験組が多いと感じ、解法暗記をしている印象です。ただ、いわゆる御三家のような中高一貫校に進学した場合は、学校の授業でかなり強調して指導をされているので、できている印象も受けます。

その他の中高一貫のメリット・デメリットについては、こちらで確認ください。

生徒指導で感じる中高一貫校のメリット・デメリット

中高一貫校の数学勉強法

授業ペースがはやいので予習をする

中高一貫校の数学の授業ペースは非常にはやいです。一度授業についていけなくなると、数学は関連していることが多いので、そこから先はすべてわからない状況になってしまいます。それを防ぐためには授業の予習が不可欠です。あらかじめ教科書を読んだり、問題を解くことはもちろんですが、参考書を見ておくことも重要です。また、参考書などを使って予習するのもいいですが、スタディサプリ、Try IT、アオイゼミのような動画コンテンツを使って予習した上で、参考書を使うことをおすすめします。

動画コンテンツだけではなく授業全般に言えることですが、各単元の概要を理解した上で、参考書を使うとわかりやすくなります。例えるなら、アニメを観た上で、マンガを読むとすぐに読める感覚です。あるいは、ドラマを観てから小説を読むと読みやすくなるのと同じです。

体系的に学ぶので復習する

中高一貫校の数学の最大の特徴はカリキュラムが公立中学と異なる所です。中学範囲の内容であっても高校内容の定理や知識なども含めて指導を受けることもでき、時間の効率が非常に良いです。学校によっては、中学範囲と高校範囲の区別をせずに、まとめて習うことができたりします。

例えば、数学のカリキュラムでいうと、公立中学では、代数分野である「正負の数・文字と式・一次方程式」は中学一年生の一学期で、「連立方程式」などは中学二年生の一学期に学ぶので、同じ代数分野でも二年間で学びますが、中高一貫であれば、同じ代数分野の計算ということで、中学一年生で両方とも指導する場合が多いです。関連している分野は同時期に学ぶ方が効率がいいので、このようなカリキュラムを作れるのは、中高一貫校のメリットだと思います。

しかし、メリットばかりではありません。同時期に各テーマの深い所まで教わることになるので、ついていけなくなると、とことん授業についていけなくなります。公立中のカリキュラムであれば、授業についていけなくなったテーマであっても、次のテーマに移るので、切り替えることができます。そして、わからなくなったテーマが関連するのは翌年になるので、長期休みなどで克服すればいいのですが、中高一貫校ではそれが難しいです。

だからこそ、復習をしっかりと行い、常に授業についていけている状況を作ることが大切です。

スタディメンターでは、苦手なテーマだけ個別授業をするということもできますので、必要であれば、ご相談ください。

間違えた問題はリスト化

間違えた問題を復習するのはもちろんのこと、定期的に復習することが必要です。ただし、いろんな問題を解いているといつ解いた問題だったのかを忘れてしまうものです。

そういう時に、ふりかえりシートに記入しておくと、便利です。

スタディメンターで実際に活用している(ふりかえりシートです。ご活用ください。

使い方は、一度目に復習した日付をまず記入します。そして、どの問題か教材名やテキスト名および問題番号などを記録しましょう。その後、問題を解いた時の感覚をメモしておきましょう。A判定で、次は絶対解ける自信がある。C判定で、自信が全くない。こんな感じです。問題メモには、どんな問題だったのか簡単にメモしておきましょう。問題を見なくても、このメモ欄を見れば、問題を思い出せる状況になるのが、理想です。ふりかえり日は、2回目以降の復習日を記入していきます。ここを見れば、最近いつ復習したのかが分かります。直近の復習した日から日があいていたら、急いで復習しましょう。復習する際に、C判定と自分で評価した問題を優先して行うことがコツです。

理論を理解する

数学を学ぶ上で最も重要なことは正しく理論を理解することです。当たり前のことに思えますが、意外と難しいですし、はじめのうちはできないものです。

学びはじめは、まずは形や公式、解き方などを例題などを通して覚えることからはじめるといいでしょう。ただし、数学は暗記科目ではないので、その段階で終わってはいけません。この段階だと、まだ「理解したつもり」になっている可能性もあります。

その上で、教科書や参考書などをしっかりと読み、公式の証明などを身につけるようにしましょう。特に中高一貫校では、受験を気にしすぎることなくしっかりと学ぶ余裕もあります。分からないことや疑問がある場合は相談してください。

定期試験を大事にする

中高一貫校の場合は、公立中学校と違い基本的には、高校入試がありません。つまり、目の前にハードルがない状況とも言えます。勉強の目的として、中間テストや期末テスト定期試験を利用するのも有効的です。

また、定期試験を利用して、自分に合った勉強法を身につけることも可能になります。例えば、テストに向けて計画をつくり、テスト対策をするということも大変重要なことですが、計画通りに実行することも意外と難しく、また、計画通りに取り組んだとしても思ったような点数にならないこともはじめのうちはよくあります。中間テストや期末テストは何回もあるので、その中でこれらのような勉強法を実践し、勉強法を身につけるようにしていきましょう。

中学生のうちに難しい問題にチャレンジする

中高一貫校では、公立中学校と違い、高校受験がない分だけ、時間に余裕が多少あります。だからこそ、数学の勉強にハマることもできます。中高一貫校の中学生であるうちに、難しい問題をたくさん解くこともいいでしょう。例えば、高校入試問題を解いたり、高校入試用の問題などにチャレンジするのもいいと思います。高校範囲を早めのうちから予習し、どんどん難しい内容を勉強するのもいいと思います。数学オリンピックの問題などに挑戦するのもいいと思います。

これらのように数学が得意あるいは好きであるのであれば、折角の時間を有効活用しましょう。

正しい勉強方法を親子で実践

中学受験対策からの卒業

中学受験を経験し、合格した生徒が中高一貫校に通います。しかし、合格した仕方は人それぞれです。例えば、SAPIXに通い、中高一貫校に進学した生徒を指導していた時の話になりますが、SAPIXでは、プリント等がたくさん配布されます。これを母親が管理していました。また、宿題等のチェック、計画表の作成、弱点分野を探し、類題が無いか塾の先生に母親が相談していました。つまり、その生徒は、受験勉強の時に、このようなことを自分ではやっていませんでした。しかし、中高一貫校に進学した場合は、母親はこれらのことをしなくなりました。母親の言い分としては、中学生になったんだから自分でやるのが当たり前だからということでしたが、その生徒は、母親が行っていたことを知らない、そして、その意図も知らない状況です。

このように、中学受験をせっかく経験したにもかかわらず、正しい勉強法を知らない子どもが、中学に進学してから、授業についていけないなどの状況になってしまいます。個人的には、中学受験は、保護者の方が協力することについては賛成ですが、その先についても考えて上げて欲しいと思っております。大学受験が終わるまで、プリント整理など一緒に行うか、徐々にサポートを減らしながら、子ども自信ができるようになるようにしていくかのどちらかは必要だと思っています。

学習習慣を身につける

公立中学生であれば、高校入試があるため早いうちから塾や家庭教師、オンライン家庭教師などを利用する人が多いです。塾などを利用する場合は宿題が出されることもあり、宿題の取り組み方に差はあるものの、最低限の学習をする習慣はあります。

しかし、中高一貫校に通う子どもで、塾や家庭教師、オンライン家庭教師を利用していない場合は、家庭学習をしっかりと行っているかどうかが重要になります。もちろん、大学入試のための勉強だけをやらないといけないという意味ではありません。部活や習い事などと両立させながら、計画的な学習を行うことが大事であるという意味です。

どのように中学、高校の時期を費やすかどうか、中期的、長期的な視点で整理し、いまのうちにやっておくことを考えましょう。

学習習慣や中期的、長期的な計画についても不安であればスタディメンターに相談してください。

やり直し、丸つけを正しく行う

問題を解いたあとのやり直しの仕方が良くない生徒を多く見かけます。勉強において、最も良くないのは分かっているつもりになっていることです。この点を意識しましょう。

分からない問題は調べる

分からない問題があった場合に解答だけを見て、理解した気になっているだけの生徒を多く見かけます。これでは、いつまでもできるようにはなりません。

分からない問題があった場合には、参考書で似たような問題がないか調べたり、教科書などに戻り再度復習するなど調べることが重要です。

できる限り分からない問題がある場合にも頑張って考えることが大事です。

分からない問題を質問する

正しい勉強方法を身につけることもそうですが、分からない問題は質問することも大事です。実際にスタディメンターの生徒に聞くと、学校の先生に質問しにいくのは、ハードルがあるようです。スタディメンターであれば、いつでも質問できますし、オンラインなので、対面で質問するよりもしやすいということもあります。子どもが質問できていない場合などもご相談ください

正しい勉強法を身につけるサポート

スタディメンターでは、正しい勉強方法を身につけてもらうためのサポートを行っています。実際に指導していても、問題を解いた後に、正しくやり直しができている生徒は多くありません。ワークなどの問題を解いた後に、間違えたら、やり直しをする。この時に、答えを赤で写しているだけになっていたりします。間違えた場合は、間違えた理由が何のかを分析することが重要です。計算ミスであれば、計算の途中でどこで間違えてしまったのか探すことが必要です。知識が抜けていたから間違えたのであれば、教科書やノートに戻り、抜けていた知識を確認することが大事です。また、間違えたのであれば、定期的に復習しやすいように間違えた問題をリスト化することなども大事です。このようなサポートを子どもが自分できるようになるまでサポートをします。

スタディメンターでは、解いたノートを見せてもらう「ノートチェック式」の添削をベースとして、サポートをしているので、子どもが「分かったつもり」になっている場合も指導できます。

また、学習習慣を身につけるサポートも行っています。自分で勉強できるようにするために、無理のない範囲で少しずつミッションを与え、コツコツと勉強するようにサポートします。

正しい勉強法を身につけるのは、早ければ早いほどいいです。具体的な話を聞きたい場合は、相談ください。

●スタディメンターの「オンライン個別指導についての金額や指導内容などの質問」や「学習方法や勉強計画などの無料相談」も受け付けております。
気軽にご連絡ください。少しでも勉強のお役に立てればと思います!

●スタディメンターの無料相談でよくある質問をまとめてあります。 こちらも参考にしてください

👇 オンラインで無料学習相談~よくある質問集~