予備校・塾はどう変わる!?話題のオンライン家庭教師とは

Pocket

こんにちは、スタディメンターの山﨑です。

コロナ禍で、現在、既に塾に通っている人ですら、オンラインの家庭教師や塾、予備校を検討した人は多いのでは無いでしょうか。コロナウイルスが流行する前から、徐々にオンラインの塾や家庭教師は増えていましたが、ここに来て急に増えました。

一般的に、予備校や塾に通うことを検討するのは、「学校の内容がわからなくなったとき」「受験を真剣に考え始めたとき」「数学などのある科目がわからなくなったとき」が多いです。そして、その科目についての指導を家庭教師や予備校に期待しているかと思います。

ただ、最近の予備校や塾ではいわゆる教科指導だけではなくなってきています。予備校指導における教科指導以外の指導が予備校の個性になりつつあります。さらにオンラインも流行していることで、より複雑になっているのが、塾・予備校、家庭教師です。

どの予備校も授業の質が向上していきた近年だからこそ、それ以外のところで差別化している塾や予備校も多いです。

今回は、オンライン家庭教師について、深く知る前段階として、私が予備校で指導してきた経験をもとに、現在の予備校に通うメリットについて紹介します。

 1.将来の夢や進路など「志の指導」

塾・予備校といえば授業をしてくれるところであり、将来のことを考えるのは学校である。というイメージを持つ方が多いかも知れません。

実は、最近の予備校は、将来の夢を一緒に考え、アドバイスもしてくれます。そのための資料や研修も多くあり、予備校の教務の方は各科目の内容ばかりでなく、各職業の内容までもある程度理解しています。

なぜ予備校でこのような流れがあるかというと、ズバリ将来の夢が明確な人の方が学習効果が高いからです。みなさんも実感があるかもしれませんが、目標なく学習するよりも、将来の夢(目標)が決まってからの学習の方が、学習効果が高いのです。

予備校としても目標を決めるのが遅いと大学に合格できないのであれば、アドバイスをして合格率を上げようという流れになります。また、塾や予備校の先生も、子どもが好きだからこそできる仕事でもあるので、将来の夢をアドバイスした先生であれば、より熱心な指導が可能になります。

ただ、もちろん、夢を決めることは簡単なことではありません。

これは私のやり方でもありますが、具体的には、面談時に興味があることを聞ききながら、少しずつ情報を伝えます。そして、定期的に将来の夢に関する作文を書いてもらい、それを蓄積します。夢が完全に明確でなくとも、少しでも進歩していたらそれで良しと考えます。内容はもちろんですが、文字数などにも着目しながら確認をしています。

推薦入試の増加に伴う面接対策や入試改革の対策にもなるので、今後このような指導をより積極的に行う予備校が増えていくかも知れませんね。

 2.やる気を維持させる生徒面談やホームルーム

どんなにいい授業を受けていても、問題演習や授業の復習をしなければ学習効果は薄いです。予備校から宿題が出たとしても、やらなければ意味がありませんし、無機質なやり方で行っても意味がありません。

そこで予備校や塾では「志望校合格に必要な点数が取れているのか」など、危機感を持ってもらうための話や、頑張っていた人については誉める話をすることでやる気を上げていきます。

ときには社会の中で活躍するための考え方などの啓発も行います。このような生徒面談やホームルームが定期的に行われる予備校も多いのでやる気を維持しやすくなっているかと思います。

 3.過去問の分析と生徒の実力や性格をもとに戦略を立てる

予備校の先生にとって、生徒個人の能力に合わせた戦略を立てられるかどうかが重要なスキルとなります。学校の場合、数学の先生であれば、数学のことが分かればいいので、普段、数学の先生が英語や国語の研究や分析をすることはほとんどありません。

しかし、塾や予備校の担任の先生は、その子を合格させることが目的ですので、マルチに科目のことがわかっていないといけません。実際、私自身も数学の探求だけでなく、物理や英語、国語などの科目も常に研究しており、学校と塾の大きな違いはこの部分なのではないかと思います。

もちろん、予備校でも担任の先生によって様々ではあります。だからこそ、事前にこのような面も含め、担任としてどんな人を選ぶべきかは入塾時は真剣に考えた方がいいのです。

 4.生徒とともに志望校合格からの逆算・PDCAサイクルの実行

やる気もある。何をやるべきかも明確になった。あとは時間管理です。どんなに正しい勉強をやっていたとしても、受験日は決まっているので、それに合わせなければなりません。

受験の前に、模試やテストは何度も受けることになるので、そこを一旦目標にしながら計画を立てます。もちろん、目標到達までに必要な学習量や内容も異なるので、最初は中々目標達成しません。

何度も失敗をして、分析し、改善する。これを繰り返し行うことが大切です。

だからこそ、塾予備校には早い段階で入塾した方が有利です。担任の先生が個人差の部分を完璧に理解するまでに何度も何度も失敗をする必要があるからです。

 5.学習状況の報告や自宅での学習指導のために保護者との面談

家で勉強できない人や、勉強の話を親に言えない、または言わない人もいます。大学受験のことがあまりわからないご家庭もあります。様々なケースがありますが、予備校や塾ではその部分を正しく伝えるということも行っています。

各家庭における「教育」を請け負っているので、家族の一員になったと思ってやっている予備校も多くあります。

 6.今からオンライン家庭教師や塾が急加速で発展

塾予備校はここ数年で大きく変わってきました。また、これから10年でまた大きく変わるとも思います。いまや、塾や予備校は勉強を教える場所というだけでなく、本気で志望校合格のために研究し分析している場所です。

オンライン家庭教師、オンライン予備校、オンライン塾、これらもまた、指導力だけではなく、進路指導や日々の学習管理を含め、様々な形態になってくると思われます。

このような、大きな変化に関しては、大手の塾よりも小さな塾や予備校の方が有利です。情報を得て、子どものために良い環境を整えてあげましょう。

ただし、どの程度やっているかどうかは塾・予備校によって異なります。だからこそ、入塾時は慎重に考えることが重要です。ぜひ、今回の記事を参考に予備校選びをしてみてください。

学習方法や勉強計画などの無料相談も受け付けております。気軽にご連絡ください。少しでも勉強のお役に立てればと思います!

スタディメンターの無料相談でよくある質問をまとめてあります。

こちらも参考にしてください👇

オンラインで無料学習相談~よくある質問集~

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です