算数嫌いから脱却!家で算数好きにする方法!

身の回りの算数

塾で教えていると、算数嫌いの子を多く受け持ちます。彼らが生まれながらにして算数嫌いかというと、それはありえません。今までの生活の中のどこかの段階で数字に対して苦手意識を持ち、それが続くことで算数嫌いを生んでしまいます。

では、算数嫌いを克服するためにはどのようなことを実践していけば、日常生活の中で、算数を好きにさせることのできる方法を示していきます。

“算数嫌いから脱却!家で算数好きにする方法!” の続きを読む

差集め算が分からない!?教え方のコツとは!?~文章問題編~

算数を自宅で教えるのに苦戦しているご家庭は多く見られます。

一言で文章問題といっても、様々な解法があり、区別するのも難しいです。

今回は、「差集め算」について、まとめますが、似ているものとして「過不足算」もあります。

「差集め算」のような解法は、知らなくても基本レベルは解けます。ただ、入試問題になってくると、知らないと厳しいと思います。

また、やり方を覚えているだけでは意味がなく、きちんと理解していないと意味がありません。 “差集め算が分からない!?教え方のコツとは!?~文章問題編~” の続きを読む

受験算数のテーマ「平均」を教える方法

こんにちは。スタディメンターの箕浦です。

平均という言葉は世の中でよく耳にする言葉で、大人は何気なく使っていることも多いと思います。しかし大人にとっては何気なくても、子どもにとっては難しい考え方です。小学校の勉強では5年生の後半「平均、割合、単位量あたり」の部分が非常に理解がしづらい分野であり、そこで算数嫌いが出てきます。今回はそんな平均について、解説をしていこうと思います。

“受験算数のテーマ「平均」を教える方法” の続きを読む

面積図の教え方とは?家で子どもに教える方法をアドバイス!

小学4年生ぐらいから塾に通わせ始め、少し慣れてきた頃、家庭で子どもが「わからないから勉強教えて」と質問をしてくると、「面積図」という聞き慣れない図の存在に、「おやっ?これは?」と思ったことはありませんか?

前回の線分図については、小学校で習っているテープ図というものに近いですので、まだギリギリ説明でき、教えることはできると思います。

しかし、面積図はどこにも出てきませんので、教える側の頭の中に「?」が10個ぐらいついたかもしれません。

さて、今回はそんな面積図についてスポットを当てていきたいと思います。 “面積図の教え方とは?家で子どもに教える方法をアドバイス!” の続きを読む

線分図を子どもに教える方法とは?

子どもが4年生ぐらいで初めて塾に通い、「今日は和差算を習ってきたよ!線分図を使ったよ!」と聞いたときに「なんだろそれっ?」ってなったことはありませんか。普通の小学校ではテープ図という物は使いますが、和差算という単元はありません。これぞまさに中学受験算数の入口というものです。

子どもが線分図の書き方がわからないと質問してきた時にどのように勉強を教えたらいいのか。

わからないから方程式で・・・とならないように線分図の書き方をまとめていきます。

そんな線分図についてスポットを当てていきたいと思います。

“線分図を子どもに教える方法とは?” の続きを読む

【算数の家庭学習をサポート】受験算数の教え方 第1回~算数とは何か~

ご家庭で子どもの算数の勉強を教えている時、「方程式を使ったら楽だろうなぁ」と思った事はありませんか。あるいは、実際に方程式を利用して、算数の問題を教えていませんか?

そもそも数学と算数は明確な差があります。

また、数学の解法で算数を解くとわかりづらい、解きにくいものも多いなどデメリットも多々あります。

詳細はこちら👇

【中学受験】小学生に数学を教えると算数の偏差値が下がる!?算数と数学はどう違う?

今回は導入として算数と数学の違いから話していきたいと思います。

“【算数の家庭学習をサポート】受験算数の教え方 第1回~算数とは何か~” の続きを読む

渋幕・市川・東邦大東邦中!千葉御三家を受験!算数で選ぶ必勝併願校パターン

御三家

秋頃から過去問演習を始めて、親子共に段々と意識するのが併願校選びです。

今回は千葉御三家と言われる市川・渋幕・東邦を受験するご家庭に向けて、千葉御三家の算数の特徴や、併願先となる千葉の中堅校についてのデータをまとめました。

後悔しない受験シーズンを過ごすために、この記事を参考にしてもらえればと思います。

“渋幕・市川・東邦大東邦中!千葉御三家を受験!算数で選ぶ必勝併願校パターン” の続きを読む

【中学受験】算数の家庭学習!おすすめの独学のための問題集・参考書8選

おすすめの参考書算数

塾に通っている子どもたちは基本的に塾で配られるテキストをベースに学習をしていきます。

ただ、時として、「それだけじゃ足りない」「この分野だけ穴だから埋めなくてはいけない」などという状況になり、家庭学習を行わないといけないという事もあると思います。

今回はそんな時に役立つ問題集を8個挙げ、それぞれの特徴をまとめていきます。ぜひ参考にしてみてください。

 

“【中学受験】算数の家庭学習!おすすめの独学のための問題集・参考書8選” の続きを読む

【中学受験算数】つまづく五年生が大勢いる!割合の問題の苦手を克服するためには!?

算数割合

塾に通っている子は5年生のちょうどこの時期から、そうでない子でも5年生の秋あたりから割合を学習し始めます。ほとんどの子がまずここでつまづきを見せ、ここでの勉強が、算数の得意不得意の大きな分かれ目の1つと言っても過言ではありません。では、ここでつまづきをなるべく少なくし、その後算数を得意な方向に導くにはどうすればいいかアドバイスしていきます。

“【中学受験算数】つまづく五年生が大勢いる!割合の問題の苦手を克服するためには!?” の続きを読む

【中学受験】算数偏差値40~50の小学生必見!図形問題のコツを伝授!~補助線の引き方とは~

算数図形問題

算数において、図形問題が最も子ども「直感力」を分析することに適しています。時として、大人もうなる解法を瞬時に思いつき導き出すなど、感覚が優れている子もいます。ただ、それは一部であって、多くの子どもが図形問題に苦労している現状があります。本記事では、感覚がないと図形問題は全く解けないのかどうか、この部分を掘り下げていきたいと思います。

“【中学受験】算数偏差値40~50の小学生必見!図形問題のコツを伝授!~補助線の引き方とは~” の続きを読む